由来memo

日々の様々な由来や歴史って気になりませんか?

大和言葉

美しい大和言葉、日和(ひより)の意味と小春日和(こはるびより)について

2019/03/12

スポンサーリンク

日和(ひより)

日和と書いて(ひより)と読みます。

 

言葉の響きだけですでにきれいな
イメージがしますね。

 

日和は分かりやすく言うと天気のことを
指します。

使い方は、

「今日は、良い日和ですね」

「暖かな日和になりました。」

と言った感じでしょうか。

 

天気という言葉は気象予報士の方が使う
お天気の解説などでのイメージがあります。

 

これを日和と変えるだけで何となく
あたたかなゆったりとした風情ある
イメージに変わる気がします。

 

何かを行うのに最適な日というような
意味合いでも使われます。

 

散歩日和」だとか「遠足日和」という
感じですね。

 

日和の語源

日和の語源は「日寄り」です。

万葉の時代に

柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)

という歌人が詠んだ

飼飯(けひ)の海の 好くあらし刈薦(かりこも)の 乱れ出づ見ゆ 海人(あま)の釣船

という歌があります。

当時はは海上を意味し、万葉仮名で
「日和(にわ)」の字があてられて
いました。

ところが後世の人は「日和」を

「日が穏やかだ」

の意味と間違って解釈してしまい
「ひより」と読みました。

それがそのまま定着し、海上の天気を
指す言葉から天気全般を指す言葉と
して定着していったそうです。

 

日和がつく言葉

日和が付く言葉はたくさんあります。

 

ほとんどが天気に関する言葉のようです。

 

いくつかご紹介します。

小春(こはる)日和

秋の終わりから冬の初めにポカポカと
暖かい日のこと

一石(いちこく)日和

降るのか降らないのか分からない天気

俄(にわか)日和

降っていた雨がやんで突然晴れること

狐(きつね)日和

晴れていたかと思うと雨が降ったり
そうかと思うとまた晴れたりという
風に変わりやすい天気

秋日和

空が澄んでいていかにも秋らしい天気

菊日和

菊の花の咲く11月頃の秋晴れの良い天気

冬日和

冬ばれの日

雪日和

雪模様の天気

 

スポンサーリンク

小春日和(こはるびより)

小春日和(こはるびより)という言葉は
大和言葉の中でも比較的現代でもよく
使われている言葉で、一度は耳にした
ことがあるのではないでしょうか?

 

私もイメージとしては、

ポカポカした暖かい天気

かな?と思っていました。

 

イメージとしては間違っていなかったの
ですが、意外だったのは時期でした。

 

小春(こはる)と書くくらいですから
春先、もしくは春になる少し前くらいの
天気だろうと思い込んでいました。

 

しかし小春日和(こはるびより)の意味
を見て間違っていることを知りました。

小春日和とは?

旧暦の10月(現在の11月頃)を指します。

秋から冬に移り変わるこの時期に、春の
ように穏やかなポカポカとした陽気が
続くことから呼ばれるようになりました。

ですので、現在の11月~12月頃の
うららかな春のような暖かい陽気の日を
小春日和というようです。

 

私と日和(ひより)

日和という言葉で私が思いつくのは
「茶摘み」という唱歌です。

 

小学校の音楽の時間に習った記憶が
ありますが、現代では教科書に載って
いるのでしょうか?

 

2007年には「日本の歌100選」に
選ばれたそうです。

 

夏も近付く八十八夜~♪

って聞いたことはありませんか?

 

この歌の2番の歌詞に出てきます。

 

日和続きの今日この頃を~♪

お天気が続いたという意味でしょうね。

 

お茶の葉を摘む娘さんたちの姿が目に
浮かびます。

 

いいお天気の中で新緑の緑とたすき
掛けの赤い色が目にも鮮やかに映る
光景ではないかと思います。

 

日和(ひより)という言葉がとても
歌に合っていて、のどかで風情ある
歌詞だなと感じます。

 

もう一つ、曲に使われている歌詞に
「小春日和」が含まれている有名な
曲があります。

 

山口百恵さんの「秋桜(コスモス)
です。

 

さだまさしさんも歌っていらっしゃい
ますが、お嫁にいく娘が母親への思い
を歌にしたとても泣ける歌です。

 

サビの部分に

そんな小春日和の穏やかな日は
あなたの優しさがしみてくる

とあります。

 

美しい曲には美しい大和言葉がとても
似あいますね。

 

私にとっての日和とはぽかぽか暖かい
日の午後は「お昼寝日和」だなと思います。

 

天気が良くても悪くても「〇〇日和」
という自分専用の言葉を作ってみるのも
楽しいですよ。

 

大和言葉はひびきが美しいけれど不思議ですよね?

間違えやすい言葉なら断然これ
↓↓↓
「敷居が高い」

 

これって凄くいい意味だったんですね!
↓↓↓
「二つ返事」

 

上手な断り方に使える
↓↓↓
「荷が勝つ」

 

最後までお読みいただきありがとう
ございました。

気になったこと質問などありましたら
下のフォームからコメント頂ければ
嬉しいです。

スポンサーリンク

 

 今日の出来事についてカレンダーをチェックしてみませんか?
ちょっとした豆知識が気持ちを豊かにしてくれますよ!

↓↓↓

今日のできごとはこちらから

-大和言葉

おすすめ記事一覧

1
二つ返事の由来と歴史、その使い方や意味について

「二つ返事で引き受けてくれた」 という表現があります。   実は私、こ ...

2
美しい大和言葉、ほんのお口汚しですがの由来と意味、その使い方間違っていませんか?

訪問先に菓子折りなどを持参していった際、 相手先に渡すときに 「ほんのお口汚しで ...

3
美しい大和言葉「敷居が高い(しきいがたかい)」の意味と使い方、敷居のすべりを良くする方法

スポンサーリンク 敷居が高い(しきいがたかい) あのお店、高級そうで、私たち庶民 ...