由来memo

日々の様々な由来や歴史って気になりませんか?

物の由来 8月の由来

8月9日「薬草の日」の由来と歴史、薬草湯の効果について

2019/11/13

薬草で思い浮かぶのは、ヨモギの葉とアロエです。

小さい頃、ちょっとした切り傷で血が出たときなどに、ヨモギをもんで傷口に当てていました。

あれがよかったのかどうかはわかりません。

それと、家の庭で母がアロエを育てていて、火傷したりしたときに、アロエの切り口を当ててくれました。

このように植物が薬がわりになるものを薬草と言いますが、自然の多い場所では様々な薬草が存在するのでしょうね。

今回は「薬草の日」の由来と歴史、薬草湯の効果についてお話しします。

 

 

スポンサーリンク

「薬草の日」の由来と歴史

1997年(平成9年)に「沖縄県保健食品開発協同組合」が制定しました。

「8(ヤ)9(ク)ソウ」の語呂合わせですね。

薬草に親しみをもってもらおうという趣旨で制定されています。

 

 

 

スポンサーリンク

薬草湯の効果について

まず、薬草湯とはどんなものでしょうか?

植物をお湯の中に入れて、その植物の本来持っている効果や効能を引き出し、入浴によって取り入れるというものです。

お風呂なら、皮膚の毛穴が開いてそこから成分が吸収されます。

それによって、一気に全身に効果がめぐることになります。

 

身近なものでは、子供の日の「しょうぶ湯」や冬至の「ゆず湯」などがありますね。

  • 本来、その植物が持っている自然の成分での健康効果と美容効果
  • 植物の香りや色、見た目などによるリラックス効果

などとても素敵な効果があります。

 

特別な行事だけでなく日ごろから取り入れることで、もっと健康になれて、きれいになれて、リラックスできるなんていいことばかりですね。

実際にはどんな薬草湯があるのでしょうか?

  • ヒノキ湯
  • ハッカ湯
  • 桃の葉湯
  • 山椒湯
  • 菊湯
  • ヨモギ湯
  • シソ湯
  • ローズマリー湯
  • ラベンダー湯
  • カモミール湯
  • ビワ湯
  • イチジク湯
  • ドクダミ湯
  • カリン湯
  • バラ湯
  • 高麗人参湯
  • ハトムギ湯
  • タイム湯
  • 月桂樹湯
  • 塩湯
  • 酒湯
  • みかん湯
  • ゆず湯

数えきれないほど種類があります。(これでも一部です。)

 

もともと四季折々の植物を楽しむという習慣から始まったものらしいです。

最近は、自然に生えている植物を直接お風呂に入れなくても、きちんと入浴用に整えられた商品が発売されています。

自分の悩んでいる症状別に商品を選んで気軽に試すことができるというわけです。

冷え性改善や疲労回復、乾燥肌、などなど、美容や健康で悩みがある場合は一度試してみるといいかもしれませんね。

薬草湯は人によって効果の現れ方も違います。

健康や美容面においても毎日少しずつ効果が出てくるというゆるやかなものです。

毎日を香りで楽しむくらいのイメージで、使ってみてはどうでしょうか?

健康効果や美容効果もあって、香りも楽しめるなら毎日のお風呂がとても楽しみになりますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

気になったこと質問などありましたら、下のフォームからコメント頂ければ嬉しいです。

 

スポンサーリンク
 今日の出来事についてカレンダーをチェックしてみませんか?
ちょっとした豆知識が気持ちを豊かにしてくれますよ!

↓↓↓

今日のできごとはこちらから

-物の由来, 8月の由来

おすすめ記事一覧

1
二つ返事の由来と歴史、その使い方や意味について

「二つ返事で引き受けてくれた」 という表現があります。   実は私、こ ...

2
美しい大和言葉、ほんのお口汚しですがの由来と意味、その使い方間違っていませんか?

訪問先に菓子折りなどを持参していった際、 相手先に渡すときに 「ほんのお口汚しで ...

3
美しい大和言葉「敷居が高い(しきいがたかい)」の意味と使い方、敷居のすべりを良くする方法

スポンサーリンク 敷居が高い(しきいがたかい) あのお店、高級そうで、私たち庶民 ...