由来memo

日々の様々な由来や歴史って気になりませんか?

その他の由来 4月の由来

4月6日「北極の日」の由来と、北極星の見つけ方について

2019/11/13

冬の夜空に輝く星はとてもきれいですね。

冷えて澄んだ空気の中で輝きが際立っていて他の季節に比べて特に幻想的です。

方角や星座の知識に詳しくなくても誰でもが知っている星座の代表的なものにオリオン座や北極星などがあります。

北極星は北の空にひときわ明るく光る星です。

今回は北極の日という記念日にちなんで、その由来と北極繋がりで、北極星の見つけ方についてお話しします。

 

 

スポンサーリンク

北極の日とは?

人類が初めて北極点に到達したことが記念日になりました。

北極の日の由来

1909年(明治42年)の4月6日に、アメリカ海軍の軍人であるロバート・ピアリーが初めて北極点に到達したことに由来した記念日です。

実を言うと、ロバート・ピアリーが本当に北極点初到達なのか疑問に思われていてなかなか認めてもらえなかったようです。

その結果、アメリカ地理学会がその功績を認めたのは1989年のことでした。

「北極の日」があるということは、「南極の日」もあるのでしょうか?

実は12月14日が「南極の日」です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

北極星について

天球の北極のごく近くにある明るい恒星のことです。

恒星とは?

自分の持つエネルギーで輝く、星雲状ではない天体のことです。

太陽も恒星です。

北極星の見つけ方

北極星というのは真北の方角で輝いている星です。

外国では砂漠で迷ったときなどには北極星を見つけてその方向を目印にするといいとも言われています。

小学生の時の理科の教科書に星座を連続映像で移した写真を見たことありませんか?

北の空の星座の特徴として、北極星を中心にしてその周囲の星座が時計のように円を描いていますよね。

北極星はほとんど真北にあるため、動いていないように見えます。

実は少しではありますが北極星も完全な北からはわずかにズレているので少しは動いているのです。

方角のみならず、他の星座を探すときにも目印にされることも多いようです。

 

それでは北極星の見つけ方についてお話しします。

北斗七星を利用する

北極星を見つけるうえで最もよく知られている方法です。

おおぐま座の北斗七星を利用します。

北斗七星は「ひしゃく」の形をしている7つの星から構成されている有名な星です。

下の画像をご覧ください。

まず、ひしゃくの先端の2つの星を見つけます。

その2つの星の延長線上に5倍した場所に北極星があります。

カシオペア座を利用する

北斗七星は動きます。

患側する季節や時刻によっては、北斗七星が地平線上に沈んで隠れてしまい、見つけられないこともあります。

その時に活躍するのがカシオベア座です。

カシオベア座というのは「W」の形をしている星座です。

北斗七星よりもこじんまりしていますが、星の一つ一つは明るいので見つけやすいです。

カシオペア座の両端とその次の星を結んだ延長線が交わります。

その交わった点とカシオペア座の真ん中の星を結んだ距離を5倍したところに北極星があります。

この2つがよく知られている北極星の見つけ方になります。

北極星って何座になるのか?

北極星は星座の中の一つの星になります。

では何座の一部なのでしょう?

正解はこぐま座の一部になります。

こぐま座のしっぽの部分の先が北極星になります。

個人的にこぐま座を構成している形って、おおぐま座を構成している北斗七星の形にそっくりですよね。

小さいひしゃくに見えます。

なんと、小北斗七星と呼ばれることもあるようです。

納得です。

こぐま座について(ギリシャ神話より)

おおぐま座の近くにこぐま座があるのは何か関係しているのでしょうか?

これにはギリシャ神話が関係しているようです。

森のニンフ(精霊)にカリストーという娘がいて、大神ゼウスが恋をして2人の間にアルカスという男の子が生まれました。

しかし、ゼウスの妻であるヘラが怒り、カリストーを熊に変えてしまったのです。

アルカスは立派な青年に成長し、ある時狩りで獲物に向かって弓を引きました。

その獲物というのが熊に姿を変えられた母親だったのです。

これを見たゼウスが驚き、アルカスが自分の母親を殺してしまう前に2人を天に上げて星座にしたとのことです。

母親カリストーがおおぐま座、息子アルカスがこぐま座です。

母親は息子を慕うように息子の周囲を回転するのでした。

また、別の説によれば、ヘラの怒りは2人が天に昇って星座となってもおさまらなかったため、2人が永遠に地上に降りて休めないようにずっと沈まないようにされたというものもあります。

これは北斗七星がいつも地平線上にあることからできたお話しです。

 

寒い冬に空を見上げて感慨にふけるということはなかなかないのですが、神話などを知ると、少しロマンチックな気持ちになりますね。

北極星を見つけてみたくなりました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

気になったこと質問などありましたら、下のフォームからコメント頂ければ嬉しいです。

 

スポンサーリンク
 今日の出来事についてカレンダーをチェックしてみませんか?
ちょっとした豆知識が気持ちを豊かにしてくれますよ!

↓↓↓

今日のできごとはこちらから

-その他の由来, 4月の由来

おすすめ記事一覧

1
二つ返事の由来と歴史、その使い方や意味について

「二つ返事で引き受けてくれた」 という表現があります。   実は私、こ ...

2
美しい大和言葉、ほんのお口汚しですがの由来と意味、その使い方間違っていませんか?

訪問先に菓子折りなどを持参していった際、 相手先に渡すときに 「ほんのお口汚しで ...

3
美しい大和言葉「敷居が高い(しきいがたかい)」の意味と使い方、敷居のすべりを良くする方法

スポンサーリンク 敷居が高い(しきいがたかい) あのお店、高級そうで、私たち庶民 ...