由来memo

日々の様々な由来や歴史って気になりませんか?

その他の由来 12月の由来

12月21日「回文の日」の由来と歴史、回文の例文10個

2019/12/22

回文の日 由来上から読んでも下から読んでも同じという言葉なら

 

  • トマト
  • しんぶんし
  • みなみ

 

などがあります。

 

でもこれは言葉です。

上から読んでも下から読んでも同じ文章となるとなかなかすぐには思いつかないものです。

 

そんな上から読んでも下から読んでも同じになる文章のことを「回文」と言います。

 

この記事では回文の日の由来と歴史、そして回文の例文についてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

「回文の日」の由来と歴史

12月21日が回文の日に定められたのは「1221」という日付の並びが回文のようにどちらから見ても同じ並びであるという理由から。

 

制定されたのは  で、宮崎二健(みやざきじけん)氏によるものです。

 

彼は回文で成り立っている俳句を手掛けています。

 

 

スポンサーリンク

回文の例文

ネット上で出回っている情報から引用させていただきました。

かっこいい国家

まさか逆さま?

確かに貸した

竹やぶやけた

カツラが落下

私負けましたわ

関係ないケンカ

いかした歯科医

ママが私にしたわがまま

世の中ね顔かお金かなのよ

考えた人ってすごいですね。

尊敬します。

 

スポンサーリンク
 今日の出来事についてカレンダーをチェックしてみませんか?
ちょっとした豆知識が気持ちを豊かにしてくれますよ!

↓↓↓

今日のできごとはこちらから

-その他の由来, 12月の由来

おすすめ記事一覧

1
美しい大和言葉「二つ返事」の由来と歴史、その使い方や意味について

「二つ返事で引き受けてくれた」 という表現があります。   実は私、こ ...

2
美しい大和言葉、ほんのお口汚しですがの由来と意味、その使い方間違っていませんか?

訪問先に菓子折りなどを持参していった際、 相手先に渡すときに 「ほんのお口汚しで ...

3
美しい大和言葉「敷居が高い(しきいがたかい)」の意味と使い方、敷居のすべりを良くする方法

スポンサーリンク 敷居が高い(しきいがたかい) あのお店、高級そうで、私たち庶民 ...