由来memo

日々の様々な由来や歴史って気になりませんか?

その他の由来

1月7日「爪切りの日」の由来と歴史、ネイリストが活躍できる職場について

爪っていつ切っていますか?

 

はあ?

 

伸びて見た目に気になったら切ってる
けど・・・・・

 

そうですよね。

 

爪を切るのは人それぞれ違いますよね。

 

でも実は「爪切りの日」という記念日が
あるんです。

 

どういう記念日なのでしょうか?

 

今回は「爪切りの日」の由来と歴史、
そして若い女性に人気の職業

「ネイリスト」

が活躍できる職場についてお話しします。

 

 

スポンサーリンク

「爪切りの日」の由来と歴史

1月7日は「爪切りの日」です。

 

1月7日はもともと「七草がゆ」を
食べる日として知られていますが、
この日に一年で最初の爪を切る日
としての記念日があるんです。

 

この日に七草をひたしたお水に手を
つけて爪を柔らかくします。

 

その後に爪をきることでその年の

無病息災

を祈るのです。

 

家族みんなでこの日に年始めの爪を
切ることによって風邪をひかない、
病気をしないという言い伝えがあった
ようです。

 

一年で初めて爪を切る日を

  • 七草爪(ななくさづめ)
  • 七種爪
  • 菜爪(なつめ)
  • 七日爪(なのかづめ)

と言って爪を切る日とされたようです。

 

この由来と歴史は、江戸時代に「喜多川
守貞(きたがわもりさだ)」という人が
書いた

守貞謾稿(もりさだまんこう)

に七草爪についての記述があります。

 

江戸時代からこの日は爪切りの日として
言い伝えられていたのですね。

 

この日に爪を切る意味としては

一年の邪気を払うことで家族全員で
「無病息災」を願う

また、七草爪をやっておくことで、
一年中日を選ぶことなく爪切りをする
ことができると言われています。

 

 

スポンサーリンク

ネイリストが活躍できる職場ってどういうところ?

現代では手の指だけでなく、足の指まで
きれいに見せる「ネイル」が人気で、その
お仕事についても女性を中心に人気があり
ます。

 

さてそんなネイリストさんですが、
働く場として、どういうところが
あるのでしょう?

 

活躍の場はたくさんあるのでしょうか?

 

ネイリストになるには特別な資格はいら
ないです。

 

ただ技能検定試験などの資格を持っていた
ほうが就職に有利なのは間違いありません。

 

活躍の場は

  • ネイルサロン
  • 独立開業して自分のお店を開く
  • 結婚式場
  • 美容室
  • スタジオ

などがあります。

頼まれたら出張して出向くような働き方
もあります。

 

きれいなネイルは一つの芸術だなと感じ
ます。

 

あなたのセンスを磨いてみませんか?

 

最後までお読みいただきありがとう
ございました。

気になったこと質問などありましたら
下のフォームからコメント頂ければ
嬉しいです。

 

スポンサーリンク
 今日の出来事についてカレンダーをチェックしてみませんか?
ちょっとした豆知識が気持ちを豊かにしてくれますよ!

↓↓↓

今日のできごとはこちらから

-その他の由来

おすすめ記事一覧

1
二つ返事の由来と歴史、その使い方や意味について

「二つ返事で引き受けてくれた」 という表現があります。   実は私、こ ...

2
美しい大和言葉、ほんのお口汚しですがの由来と意味、その使い方間違っていませんか?

訪問先に菓子折りなどを持参していった際、 相手先に渡すときに 「ほんのお口汚しで ...

3
美しい大和言葉「敷居が高い(しきいがたかい)」の意味と使い方、敷居のすべりを良くする方法

スポンサーリンク 敷居が高い(しきいがたかい) あのお店、高級そうで、私たち庶民 ...