由来memo

日々の様々な由来や歴史って気になりませんか?

大和言葉

美しい大和言葉「はじかみ」の意味と由来について、食材の名前だったの?

2017/11/30

はじかみ(薑)

料亭などで出てくるような焼き魚に添え
られている淡い桃色の細長いショウガの
ことです。

 

一般の家庭では、わざわざ焼き魚の器に
はじかみを盛り付けて出すというような
趣のある食卓をみかけることはないかも
しれません。

 

しかし、旅行などで旅館に泊まったり
したときや、懐石料理を食べたりする
機会があれば目にすることもあると思い
ます。

 

スポンサーリンク

「はじかみ」という言葉の持つ意味と由来

箸休め口直しの意味もあります。

 

酢とショウガの色素が反応して、全体が
赤い色から桃色になることで、端のほう
が赤く見えます。

 

これを「はじ赤み」ということから、
「はじかみ」と呼ばれるようになったと
いう由来があります。

 

山椒(さんしょう)や生姜(しょうが)
の古名(こめい)でもあります。

古名とは古い呼び方のことで古称とも
いいます。

日本の古名を大和と言い、東京の古名を
江戸と言うのと同じです。

はじかみと言う言葉は古事記にも出てく
るくらい古くから使われている言葉です。

 

山椒も生姜もはじかみと呼ばれていたの
には、どちらも噛んで辛いものという
くくりから、はじかみは、辛い物の総称
として使われていたようです。

 

それが近年になって山椒でなく生姜の
ほうがはじかみのイメージを強く表す
ようになってきたようです。

 

はじかみの由来で「はじ赤み」と言う
言葉から来たものだとご紹介しましたが
もう一つ説があり、

 

「歯でかんで辛い物」

から来たというものです。

 

スポンサーリンク

はじかみは食べる物なの?

はじかみは、彩りの意味でも添えられて
いますがもともと口直しの意味もあります。

 

ですので食べられます。

 

和食において、飾りで使われているものも
なるべく食べられるようにと食用の素材を
使っていることが多く、基本的には出され
たものはほとんど食べられるようです。

 

しかし最近では、プラスチック製の葉っぱ
や刺身の盛り合わせなどに使われている
バランなどもあるのですべてを食べられる
ということでもなくなってきましたね。

 

料亭や旅館などで出されるようなはじかみ
は食べられます。

 

赤く色づけされている部分と白い部分が
あります。

 

白い部分は柔らかいので食べられますが
色づいている赤い部分は固くて食べられ
ないこともあります。

 

固い部分だけ残してもらえばいいです。

 

正しい食べ方として

はじかみ生姜の真ん中を箸でつかみ
やわらかい白い部分だけ(はじかみの半分)
をかじる

 

というのが箸休めの意味での食べ方だ
そうです。

 

(とは言っても、赤い部分は固くてもと
もと食べられませんが)

 

いつ食べるのがいいのでしょうか?

 

箸休めというからちょこちょこ食べる
というのではなくメインである肉料理
や魚料理などを食べ終わってからいた
だくのが普通です。

 

酢で味付けされたはじかみ生姜を口に
することで、口の中がさっぱりとして
魚臭さが残ることもなく、次の料理に
すすめるというわけです。

はじかみとして使われている生姜

葉がついている新生姜の新芽の部分を
整形して湯に通し、軽く塩を振ります。

 

それを冷ましたら甘酢につけます。

 

酢と生姜の色素が反応して全体が淡紅
色になります。

 

生姜には大きさから

「大生姜」「中生姜」「小生姜」

に分かれます。

 

その他にも部位ごとで呼び名に違いが
あり、一般的にスーパーなどで見かけ
る生姜は「根生姜」です。

 

根が成長して葉が付いたまま収穫され
たものは「葉生姜」といいます。

 

暗闇で育てたのちに日光を当てて茎を
赤くしたものは「矢生姜」と呼ばれ、
これが「はじかみ」として知られています。

 

はじかみについてお話ししました。

 

格式ある食事の場や、日本料理の中で
もし付け合わせに「はじかみ」が登場
したら、スマートにはじかみについて
会話に入れて見るとすてきですね。

 

また、ためらいなく箸休めとして口に
できればその所作はあなたの評価を
アップしてくれますね。

 

私も日本人に生まれ育ったからには
食の中で得た知識を活用できたら
いいなと思っています。

 

最後までお読みいただきありがとう
ございました。

気になったこと質問などありましたら
下のフォームからコメント頂ければ
嬉しいです。

 

スポンサーリンク

-大和言葉

おすすめ記事一覧

1
二つ返事の由来と歴史、その使い方や意味について
2
美しい大和言葉、ほんのお口汚しですがの由来と意味、その使い方間違っていませんか?

訪問先に菓子折りなどを持参していった際、 相手先に渡すときに 「ほんのお口汚しで ...

3
美しい大和言葉「敷居が高い(しきいがたかい)」の意味と使い方、敷居のすべりを良くする方法

敷居が高い(しきいがたかい) あのお店、高級そうで、私たち庶民には敷居が高いわよ ...

4
10月26日はデニムの日、由来や歴史、ジーンズとの違い、気になる洗濯方法について

10月26日は「デニムの日」です。 日付の語呂合わせが近いことから制定されました ...

5
2月26日は包むの日、由来と歴史、冠婚葬祭で包むお金の金額の相場

何かを贈り物するときには、「包む」という作業を行います。 それは、中の物を守ると ...

6
3月20日は電卓の日、由来と歴史、一度は試してみたいおもしろ計算について

電卓の便利さは数字を扱う仕事をしている人や、家計簿をつける主婦ならよくご存じだと ...