由来memo

日々の様々な由来や歴史って気になりませんか?

物の由来

4月17日「なすび記念日」の由来と歴史、なすびの選び方と保存方法について

2017/01/06

なすび(なす)は紫色をした、野菜です。

秋ナスはとても美味しいとされていて、私だったら、焼きなすや煮びたしなどが大好物です。

夏野菜の一つにもあげられて、トマトやピーマンと一緒に夏野菜カレーに使われたりすることも多いですね。

呼び方にも「なす」と「なすび」の2種類がありますが、どちらも正しい言い方です。

「なす」は主に東日本で使われ、「なすび」は西日本で使われます。

しかし、完全に西日本と東日本できっちり別れるわけではなく、都道府県によっては、どちらも使うこともあります。

今回はなすびの日の由来となすびの種類についてお話しします。

 

スポンサーリンク

 

なすびの日とは?

「なすびの日」という記念日があります。

どういう由来で決められ、どんな記念日なのでしょう。

由来と歴史

「4(ヨ)1(イ)7(ナス)」の語呂合わせで、4月17日が「なすびの日」となっています。

その由来と歴史としては、江戸時代の将軍徳川家康の好物がナスであったことと、その家康の命日であったことから2004年には毎月17日を「国産ナス消費拡大の日」としました。

この記念日の趣旨としては、美味しいナスをもっと食べてもらおうといういうもので、冬春なすの主産県である「高知県園芸連」「JA全農とくしま」「JA全農おかやま」「JA全農ふくれん」「JA熊本経済連」「JAさが」の6県が組織する「冬春なす主産県協議会」が制定しました。

4月に制定してある一つの理由としては、冬春なすの最盛期が4月だということもあります。

 

スポンサーリンク

 

 

なすびの選び方と保存方法

なすびはスーパーや八百屋で買える身近な野菜です。

では、その選び方や買ってからの保存方法はご存じですか?

なすびの選び方

なすびを選ぶ際にもポイントがあります。

まず、なすびのヘタの部分です。

ヘタにあるとげの部分がしっかり立っていて、触るとチクチク痛く感じるような物はとても新鮮です。

張りがあって、表面にツヤがあるものは新鮮です。

持ってみて、ずっすりと重みを感じるものは内容も充実していますが、軽い物は中がスカスカしていて味も劣るでしょう。

 

なすびの保存方法

茄子は夏野菜なので、温かい気候に対応できます。

とは言っても、水分が蒸発しやすくてしなびるのが早いです。

また、冷やしすぎると身が縮んで傷みも早くなります。

もし、保存するなら、冷蔵庫ではなくて野菜室などにし、一つ一つをラップで包んであげましょう。

買ってから3~4日では使い切ったほうがいいです。

もし、長く保存するなら、調理済みのものを冷凍保存すると良いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

気になったこと質問などありましたら、下のフォームからコメント頂ければ嬉しいです。

 

スポンサーリンク

-物の由来

おすすめ記事一覧

1
二つ返事の由来と歴史、その使い方や意味について
2
美しい大和言葉、ほんのお口汚しですがの由来と意味、その使い方間違っていませんか?

訪問先に菓子折りなどを持参していった際、 相手先に渡すときに 「ほんのお口汚しで ...

3
美しい大和言葉「敷居が高い(しきいがたかい)」の意味と使い方、敷居のすべりを良くする方法

敷居が高い(しきいがたかい) あのお店、高級そうで、私たち庶民には敷居が高いわよ ...

4
10月26日はデニムの日、由来や歴史、ジーンズとの違い、気になる洗濯方法について

10月26日は「デニムの日」です。 日付の語呂合わせが近いことから制定されました ...

5
2月26日は包むの日、由来と歴史、冠婚葬祭で包むお金の金額の相場

何かを贈り物するときには、「包む」という作業を行います。 それは、中の物を守ると ...

6
3月20日は電卓の日、由来と歴史、一度は試してみたいおもしろ計算について

電卓の便利さは数字を扱う仕事をしている人や、家計簿をつける主婦ならよくご存じだと ...